結婚式

少人数の結婚式が人気|親しい人のみの挙式は心が温まる

夢が現実に

教会

予算の都合で結婚式を断念するカップルでも小さな結婚式であれば夢が実現できるかも知れません。しかし、ホームページなどに記載されている金額は曜日限定や期間限定の場合もあります。追加料金が必要かをきちんとチェックしましょう。

詳しく見る

負担軽減のために

ウェディング

結婚式の二次会の幹事は大きな負担があります。幹事代行サービスが人気です。依頼する費用が必要になるものの参加する全員が楽しむことができるので代行サービスに依頼するメリットは高いでしょう。幹事になった場合は専門サイトを参考にするとスムーズです。

詳しく見る

挙式スタイルの定番に

ブーケ

最近はごく親しい人だけを招いて行う、少人数での結婚式が増えています。まずゲストに義理で来る人はなく、皆「本当にお祝いしたい」と思って来てくれる人ばかりなので、心が温まる式になります。また少人数だからこそ「ゲストが全員参加」という演出も可能です。人数が少ない分、引き出物や料理などをゲスト一人一人に合わせた細かな対応も可能です。時間もあるので、ゆっくりテーブルを回って話をすることもできます。ただし時間にゆとりはあるのですが、間がもたない事もあるので、料理にこだわったり、周囲の景色が良いなど他に楽しめる要素があると良いですね。このように少人数での結婚式はゲストとの距離が必然的に近くなるので、アットホームな結婚式になります。

少し前まで結婚式と言うと、親しい人だけでなく新郎新婦本人が知らないような、両親や会社の関係者まで呼ばなければならないようなものでした。バブル期はそれでもよかったかもしれませんが、不況が長引くと義理だけで結婚式に呼びたくない、呼ばれたくないという風潮に変わっていきました。かと言って呼ばないことによりその後の人間関係にも影響します。ならばいっそのこと親しい人だけを呼びたい、という考え方に変わっていきました。こうして少人数での結婚式の需要が高まり、今では結婚式の定番スタイルの一つとなっています。元々は大人数での結婚式を想定していた式場やホテルも、少人数での結婚式に対応するプランを打ち出している所が増えました。

2人の紹介PR

ウェディングケーキ

結婚式で動画を流す人はかなり多いと思います。ゲストが見やすいように、長さは5分程で、ゲストも一緒に写っている写真も入れることで、場の雰囲気も盛り上がるでしょう。音楽は、お祝の場にふさわしい内容・歌詞であるか確認しましょう。

詳しく見る